中でも夜間の口腔内のお手入れは大切。
“蓄積くすみ”を除去するため、夜間は丁寧に歯磨きすることをおすすめします。

ただ、歯磨きは何度も行えば良いというものではなく、クオリティに留意することが大事なのです。

美白(びはく)という概念は2000年の少し前に料理研究家で化粧品会社創業者の鈴木その子が一押しして流行ったが、それよりももっと前からメラニンの沈着による様々なトラブル対策のタームとして使われていたようだ。
目の下に弛みが出た場合、男女関係なく年齢よりも4〜5歳上に写ってしまいます。

フェイスラインの弛みは多くありますが、中でも下まぶたは一番目立つ部分です。

乾燥肌というのは、皮ふに含まれる角質細胞間脂質と皮脂分泌の量が通常の値よりも目減りすることで、肌(表皮)にある潤いが蒸発し、肌の表面がパリパリに乾燥する症状を指しています。

例を挙げれば…今、PCを見つめながら頬杖をついているのではありませんか?この行為は掌の力を思いっ切り頬へ与えて、皮膚に負荷をかけてしまうことに繋がります。

さらに、お肌のたるみに大きく結びつくのが表情筋。
これは色んな表情を操る顔の筋肉のことです。

肌の真皮に存在するコラーゲンと同様、表情筋の働きも加齢に従い鈍くなります。

意識していなくてもパソコンやスマホの画面に釘付けになっていて、眉間に縦ジワ、プラス口元は口角の下がったへの字(余談ですが私は別称「富士山ぐち」と勝手に名付けています)になっているのでは?これはお肌の大敵です。