強いUVを浴びたときになるべくダメージを抑える方法は3種類あります。

1.日焼けしたところを冷やす2.たっぷりとローションをつけて潤いを保持する3.シミにならないように捲れてきた皮をむいては駄目だビタミンA(レチノール)の誘導体であるレチノイン酸を用いた治療は、頑固な濃色のシミを数週間という短期間で淡色にするのにすこぶる効果のある治療法で、原因不明の老人性色素斑・光治療の効かない炎症後色素沈着・肝斑(かんぱん)・赤く残ってしまったニキビ跡などによく効きます。

押し戻してくる弾むような皮ふのハリ。
これを作り出しているのは、かの有名なコラーゲン、すなわち蛋白質です。

バネの機能を持つコラーゲンがきちんと肌を持ち上げていれば、嫌な弛みとは無関係です。

最近新たに脚光を浴びている頭皮ケアは通称スカルプケア(scalp care)とも呼ばれているお手入れ方法です。

頭皮(スカルプ)は髪の毛の悩みの種である「脱毛」「薄毛」にかなり関係すると同時に、フェイスラインの弛みなどにも影響しています。

たくさん汗をかいて体内の水分量が少なくなってくると自然に尿量が減らされて汗のための水分が蓄えられ、この水分こそが実は浮腫みの原因になっていると考えられています。

「デトックス」という言葉自体は聞き慣れてしまった感があるが、結局は「代替医療」や「健康法」のひとつだと捉えており、医師による「治療」とは別物だと知っている人は意外なほど頭皮の様子が悪くなっていると感じる前に正しいケアをして、健やかなスカルプを維持する方が賢明です。