明治末、外国帰りの女たちが、洋風の髪、洋服、洋式の新しい化粧品や化粧道具、美顔術などを紹介した結果、これらを新たに表現する用語のひとつとして、美容がけわいの替わりに使用され始めた。

元来ヒアルロン酸(hyaluronic acid)は人の細胞と細胞の間に多く含まれ、水分を保ったり緩衝材の作用をして大切な細胞を保護していますが、年齢を重ねるに従い体の中のヒアルロン酸は減っていきます。

最近よく聞くデトックスとは、人間の体の中に蓄積してしまった様々な毒を体外に排出することを重視した健康法で正式な医療行為ではなく、代替医療に類別されている。
「detoxification(ディトクシフィケーション、取り除く=解毒)」の短縮形であり、本来は肝臓に関連した言葉である。
頭皮の具合が崩れてしまう前に丁寧なケアをして、健康的なコンディションを維持しましょう。
状況が悪くなってから気にかけたとしても、その改善には時間がかかり、お金はもちろんのこと手間も必要になってしまいます。

美容外科(cosmetic surgery)とは、れっきとした外科学の一種であり、医療に主眼を置く形成外科(plastic surgery、plastic…形を作るの意)とは異なっている。
また、整形外科学(orthopedic surgery)と勘違いされがちであるがまったく分野が違っている。
頭皮のお手入れの主な役割とは健やかな髪を保持することです。

毛髪の水分が失われてパサパサして艶がなくなったり抜け毛が増加するなど、たくさんの方々が髪の毛の悩みを持っています。